PR

【レビュー】LIGHT UP COFFEEのコーヒー豆を飲み比べ!みんなの評判と美味しく淹れる方法

コーヒー豆

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

LIGHT UP COFFEEとは

2014年にオープンしたコーヒー専門店


引用:LIGHT UP COFFEE公式サイト

LIGHT UP COFFEEは、「おいしいコーヒーで、 毎日を明るく照らす」をコンセプトに2014年に吉祥寺にオープンしたスペシャルティコーヒーの専門店です。

2017年には焙煎所兼コーヒースタンドを下北沢にオープンしています。

代表は、Youtubeでも約3.5万人【2023年6月時点】コーヒーチャンネルを持ち、コーヒーについて発信されている川野優馬氏。

 

代表の川野さんは2012年のラテアート王者

引用:川野優馬氏のnoteより

コーヒーの魅力に取りつかれた学生時代にバイトで入ったコーヒー店で営業中や営業後にラテアートの技術に磨きをかけて、ラテアートの大会で優勝するほどに成長。

川野さんのすごい所はロジカルに物事を考え、結果を受けて科学していける能力が高いこと。

これはラテアートの練習やのちに行う焙煎でも同じように味わいを科学して、目指している味わい、風味を実現されていること。

彼がLIGHT UP COFFEEの心臓である事は間違いないです。

 

浅煎りコーヒーが最大の特徴

LIGHT UP COFFEEは、浅煎りの豆でコーヒーを提供することで有名です。深煎りの豆がなく、浅煎りでコーヒーの持つ酸味を最大限に生かした豆でコーヒーを楽しめる専門店です。

 

 

LIGHT UP COFFEEのコーヒー豆3種類を実際に淹れて飲み比べ

SOFT

今回届いた3種類の中で一番好みに近いのは、「SOFT」でした。

コスタリカのタラズ地方の豆は良く飲んでいて、酸味と甘みのバランスが良く、非常に好み。これもその一つだけど、他のロースターさんより浅く煎られているのが特徴的。

LIGHT UP COOFFEEらしい煎り具合。


生産地:SanLorenzo, Leon Cortes, Tarrazu
農園: Pie San 2000
精製所: La Lia
生産者: Luis Alberto Monge
標高: 1,470m
精製: White Honey
品種: Catuai
※生産者の情報はこちら


 

コスタリカは、ハリオのV60で淹れるより、カリタウェーブでゆっくり淹れる方がフレーバーがしっかり出ました。

LIGHT UP COOFFEEは浅煎りなので、トップノートにはガツンと酸味がやってくるんですが、この豆は甘くフルーティーな香りと一緒に妖艶な紅茶の香りも鼻を抜けていきます。

ラストノートに向かうにつれて紅茶感は強まっていき、最後は紅茶のんでたっけ?となるほどに広がって美味しくなる。

 

SWEET

「SWEET」はホンジュラスの豆を使っています。

SWEETとなっているだけあって、フルーティーな香りと驚くほどの甘みが特長の豆です。ブラジルっぽさを感じつつも、お茶のような味わいも楽しめます。


生産地:  Chinacla, Malcala
農園: Caballero – JR
生産者: Marysabel Caballero, Moises Herrera
農地面積: 200ha
標高: 1,600m
精製: Washed
土壌: Cray like Soil
品種: Catuai
※生産者の情報はこちら


 

トップノートは、非常に甘味のあるフルーティーな味わいで、ラストノートにかけて甘味が残りつつも、ナッツやお茶のような風味が合わさり豊かな味わいになります。

冷え切ると、リンゴのような甘さが鼻に抜けていきますので、淹れ立てから冷えた状態まで楽しめます

 

FLORAL

LIGHT UP COFFEEの「FLORAL」は、エチオピアの豆を使っています。

開けた瞬間の香りはエチオピア独特の華やかな香りが広がります。


生産地: Gedeo, Yirgacheffe
精製所: Haru Washing Station
生産者: Fikadu Abayneh, Smallholders
標高: 1,750-1,850m
精製: Washed
品種: 74110, 74112
収穫期: October 2021 – January 2022
※生産者の情報はこちら


このエチオピアは、トップノートに華やかな香りが押し寄せて、時間が経つにつれて、ボディ感が増してきます。
コーヒーのフレーバーカードにも書いてある通り、スパイス感が徐々に片鱗を見せて、冷めきると全く別のコーヒーになります。

エチオピアの華やかさが少し苦手は私にはすごく嬉しい誤算でした。

すごく美味しかった。

LIGHT UP COFFEEの口コミ・評判

良い口コミ・評判

大変な時に一息つくのに、おいしいコーヒーは欠かせない!

アイスコーヒーにすると酸味や甘味が増すので、違う味わいになる!
紅茶の味わい…急冷式がおすすめなのかな

私はおうちコーヒーを楽しんでいますが、店舗でもコーヒーの飲み比べがあるんですね。

 

玄人の方の口コミが目立ちますが、初心者の方で飲み比べセットを購入するとコーヒーの概念が1,800°くらいひっくり返るのでぜひ。

悪い口コミ・評判

相当探しましたが全く見つからず。。。

これには3つの理由が考えられます。

①浅煎りコーヒーが特長である事をみんな知ってて飲んでいる
②コーヒー沼の住民がユーザーに多い
③味わい深くて魅力の迷子…。けど、美味しいという口コミが大半で「美味しいと感じられない自分は未熟なのかも」となっていて、頑張って美味しいと言っている(笑)。

控えめに言っても美味しいのですが、酸味が苦手な方には美味しく飲めないです。
※私の家族は匂いだけでダメでした…

LIGHT UP COFFEEはを美味しく飲むための淹れ方

準備するもの

  • コーヒー豆【粉】:20g
  • お湯:300g
    ※【お湯:豆】は、【16:1】がおすすめ
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • デジタルスケール【タニタでも可】
  • 細口ケトル

 

ライトアップコーヒーの豆を使ったおすすめの淹れ方

一番のおすすめはハンドドリップ世界一の粕谷さんが提唱する4:6メソッドを使っていただくと簡単かつ間違いなくおいしく仕上がります!

粕谷氏の46メソッドを大解剖!世界が認めたコーヒーの淹れ方!

事前に以下の項目をクリアしておきましょう。

・20gのコーヒー豆を粗挽きにします
・お湯を83度~93度にする。 ※詳しい湯温の考え方は後述。
・ペーパーフィルターの中に粉を入れて、デジタルスケールをリセット【0g】にします

以下は、5投式のレシピです。

STEP
【1投目】0:00
60gのお湯を円を描きながら15秒ほどかけて注ぎ、30秒程蒸らします。
STEP
【2投目】0:45
60gのお湯をSTEP1と同じように注ぐ
STEP
【3投目】1:30
60gのお湯をSTEP1と同じように注ぐ
STEP
【4投目】2:15
60gのお湯をSTEP1と同じように注ぐ
STEP
【5投目】3:00
注ぎ始めから3分後に60gを①と同じように注ぎます。
STEP
【待機】~3:30
注ぎ始めから3分30秒を目途にドリッパーを外す
STEP
スプーンなどでかき混ぜて出来上がり

 

  • コーヒー粉 15g
  • 熱湯(91℃目安) 235g+湯通し用

事前にペーパーフィルターに湯通しして、コーヒー粉をセットしておいてください。

STEP
【1投目】0:00
40gのお湯を円を描きながら注ぐ
STEP
【2投目】0:30
60gのお湯をSTEP1と同じように注ぐ
STEP
【3投目】1:00
60gのお湯を同じように注ぐ
STEP
【4投目】1:20
40gのお湯を同じように注ぐ
STEP
【5投目】1:40
35gのお湯を同じように注ぐ
STEP
【待機】~3:00
注ぎ始めから3分30秒を目途にドリッパーを外す
STEP
スプーンなどでかき混ぜて出来上がり

お湯が落ちきるまで、合計3:00かかるくらいの挽き目がちょうど良い。

とのことですので、割と粗めに設定しないと3分で落ち切らないので、中粗挽きか粗挽きで淹れると良いです。

 

豆の挽き方と湯温で味わいを調整する

挽き具合で味が変わります。

中細挽きが一般的ですが、粗めに挽くと豊かな酸味が生まれやすくなり、細かく挽くと苦味が強くなる。

中粗挽き~粗挽きにして、個人的には85度のお湯で淹れるとどんな豆でも美味しく淹れられます。

深煎りやコクがあるコーヒーを飲むならカフェラテがおすすめ

ライトアップコーヒーは浅煎りの豆を使用しているため、味わいは酸味寄りになります。そのため、深煎り好きには酸味を活かした深い味わいを楽しんでもらいたいので、エスプレッソで抽出することをおすすめします。

マキネッタやエスプレッソマシンなどを活用して、濃いコーヒーを淹れてミルクと合わせてカフェラテにするとお店に近い味わいがおうちでも楽しめます。

 

LIGHT UP COOFFEE以外におすすめの浅煎りも美味しいコーヒー専門店

自分の好みの味がわかるコーヒー診断で意外な好みがわかるかも!?

自分の好きなコーヒーが見つかる⁉
「コーヒー診断」

あなたの好みは実は違うかもしれない?!

[PR]【無料】コーヒー診断をしてみる

Blue Bottle Coffee/ブルーボトルコーヒー

引用:ブルーボトルコーヒー

”アメリカの小さなガレージから始まったコーヒー屋”ブルーボトルコーヒーのサブスク。世界中の豆をブルーボトルが厳選し届けてくれる、ブルーボトルファンにはたまらない定期便。

 

アメリカのガレージから始まった
話題のコーヒー店

世界で100店舗を展開する有名カフェ届けるコーヒー豆をあなたはもう試しましたか?

ROKUMEI COFFEE



世界中から厳選した高品質な豆を最高の焙煎で仕上げた「甘くてクリーンなコーヒー」が特徴です。 必ず発送の直前に焙煎することで、鮮度の高いコーヒー豆をお客様にお届けしています。

 

コーヒー焙煎の日本チャンピオンが
在籍するコーヒーショップ

本物のプロによる本物のコーヒーの味を試してみませんか?初回は、300gが2160円でお買い得!

 

Tailored cafe

人気カフェの豆が
毎月おうちで楽しめる

Tailored cafeのコーヒー診断後に好きな豆(粉)を3種類選べます。
初回注文は30%OFF&診断のみも可

 

 

LIGHT UP COFFEEの豆の総評・レビュー

一言で言えば、豊かな味わいを楽しめるコーヒーで美味しく飲めて、コーヒー豆の味わいの違いを楽しめました。

ただ浅煎り特有の酸味が苦手な人は抽出方法を工夫しないと楽しめない可能性があります。

とはいえ、全く異なる味わいのコーヒーが楽しめる飲み比べセット(SINGLE ORIGIN TASTING SET)は玄人から素人までおすすめできるコーヒー豆のセットであることは間違いないです。

是非お試しを!

 

https://lightupcoffee.com/products/single-origin-tasting-set

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました