PR

カルディのブラジルを評価・正直レビュー!定番の味をもっと美味しくする方法

コーヒー豆

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

      1. この記事を書いた人
        1. 最新の投稿
  1. コーヒー豆と言ったら「ブラジル」定番の香りと味を低価格で楽しめる
  2. ブラジルが万人ウケする理由
  3. カルディ「ブラジル」の評価・レビュー
    1. 酸味(フルーティさ)
    2. 苦味
    3. 甘味
    4. 香り
    5. コク
    6. 後味/余韻
  4. カルディのブラジルの特徴
    1. ブラジルは低価格でありながら、スペシャルティコーヒーに近い味わい
    2. ブラジル良さを体感できるクセのないスッキリしたコーヒー
  5. カルディの「ブラジル」の価格
  6. おすすめの飲み方
    1. 朝食と一緒にブラックで
    2. 食後にチョコレートと一緒に
  7. カルディの「ブラジル」の口コミ評価・評判
    1. 良い口コミ・評判
    2. 悪い口コミ・評判
  8. ブラジルが美味しく飲めるドリップレシピ
    1. 準備するもの
    2. できれば豆で購入し、家で豆から粉にする
    3. お湯と豆は16:1の割合で淹れるとバランスがいい
    4. 間違いなく美味しくドリップできるレシピを公開
    5. カルディが推奨しているレシピ
  9. カルディの「ブラジル好き」におすすめ。一緒に買ってほしいコーヒー豆4選
    1. ブルーマウンテンブレンド
    2. ツッカーノブルボン
    3. カフェオレブレンド
    4. キリマンジャロ
  10. コーヒーを ”いつも” 美味しく淹れるための器具を紹介
    1. プロからも愛されるコスパ最強ドリッパー
    2. 味の再現性を高めるコーヒースケール
    3.  細口ケトル
    4. カルディのブラジルは愛されやすいコーヒー

コーヒー豆と言ったら「ブラジル」定番の香りと味を低価格で楽しめる

カルディの「ブラジル」はブラジル産100%の豆です。

初めてブラックで飲めたという声が多いのも、ブラジルの豆が多く、コーヒーの王様とも言われています。

 

自分好みの味がわかる
ポストコーヒーは、毎月3種類の特徴が異なるスペシャルティコーヒーの豆(粉)が届きます。届いた豆を評価していくことで、自分好みのコーヒーを教えてくれます。 コーヒー診断をして、好みの味を確かめてみてください。

ブラジルが万人ウケする理由

世界一のコーヒー大国であるブラジルの豆は、苦味と酸味のバランスが良く、コーヒーの味わいチャートでもだいたい真ん中に位置します。

 

農園や煎り具合、淹れ方などで味わいは変化しますので、一つの参考データとして見てみてください。

ブレンドによって個性のぶつかり合いを避けて飲みやすくするために、よく用いられるのも、ブラジルです。

カルディのラインナップの中にもブラジル関連の豆は多く、「ブラジル ダークロースト」「ジュエリーブレンド」「マイルドカルディ」「スウィートエスプレッソ」などがブラジルの豆を使用しています。

 

引用:カルディ公式サイト

 

カルディ「ブラジル」の評価・レビュー

実際にブラジルをハンドドリップで何日か飲んでみた感想と率直なレビューをします。

良くも悪くもこのレーダーチャート通りで、特に特徴はない、スッキリとしたコーヒーです。

酸味(フルーティさ)

中煎りに近いですが、酸味もそれなりに感じるので、冷めるとより酸味が引き立って苦味が弱くなるため、味わいが変わります。

苦味

苦味はちょうどいい苦味が鼻を抜けますが、コーヒーらしい苦味かつクセがないなので、好きな人は好きかも。

個人的にも、この苦味が味わい深さを出していると思うので、85度から90度くらいくらいのお湯で淹れるのがおすすめ。

甘味

ブラジルはチョコレートのような甘味が特長で、しっかりと甘みが感じられるコーヒーです。ゆえに、スイーツとの相性は抜群です。

香り

袋を開封した時の香りは、ブラジルらしいすごくいい香りがします。グアテマラと同じような甘い香りが周囲を包むので幸福感に満たされます。

ドリップ後は若干香りは弱めな印象。

コク

コクに関しては、あまり期待しない方がいいかも。

私のドリップレシピのせいもありますが、スッキリしたコーヒーが好きな人はいつも通りにドリップして、濃い目が好きな人は豆を細かめに挽くか湯温を95度から100度あたりに設定してみてください。

後味/余韻

飲みこんだ後に鼻に抜けるコーヒーの香りはブラジルらしいクセのない万人ウケのスッキリした香りが広がります。


ポストコーヒーは世界20カ国150種類のコーヒーを取り揃えています。毎月あなたの好みに合ったコーヒーが届き、冒険度の調整で個性が違うコーヒーにも出会える。スポット購入も可

[PR] Post Coffeeでコーヒー診断をしてみる

カルディのブラジルの特徴

ブラジルは低価格でありながら、スペシャルティコーヒーに近い味わい

まず言えるのはコスパがめちゃくちゃ高いということ。カルディの豆の中でもスペシャルティコーヒーに近い味わいが出ているのが、このブラジルです。

 

ブラジル良さを体感できるクセのないスッキリしたコーヒー

ブラジルは、ブラジルらしくクセがなく、ブラックコーヒーを飲まない人でもブラックが飲めるくらい、クセが少ないです。スッキリした味わいの中に程よい苦味が感じられ、バランスの良いコーヒーが楽しめます。

カルディの「ブラジル」の価格

価格は830円(税抜)とカルディで販売されているコーヒー豆の中でも中間にある価格帯の豆です。

ここまでにお伝えしている通り、価格以上の味わいが楽しめることは間違いありません。

おすすめの飲み方

朝食と一緒にブラックで

ブラジルはクセがなく、スッキリした味わいなので、ブラックで朝に飲むのがおすすめです!

軽い苦味でスッキリさせつつも、ブラジルの香りで気分良く仕事に取りかかれると思います。

食後にチョコレートと一緒に

人によっては少し物足りなさを感じるかもしれません。チョコレートと一緒に口に入れてみると、ブラジルのほのかに感じる甘味と相まって違った味わいを楽しめると思います。

カルディの「ブラジル」の口コミ評価・評判

 

良い口コミ・評判

「ブラジル ダークロースト」の口コミが多く、「ブラジル」の口コミが少なくて、見つけるのが大変だったのですが、ピックアップしてみました。

 

 

 

 

悪い口コミ・評判

深煎り好きには、酸っぱく感じるようです。

深煎り好きは、お湯の温度高めか細挽き寄りで豆を挽くといい感じになります!

 

ブラジルが美味しく飲めるドリップレシピ

準備するもの

・コーヒー豆(粉):16g
・お湯:240g(80℃~85℃)
・ドリッパー(ハリオ V60などのお湯抜けがいいもの)
・ペーパーフィルター(ドリッパーにあったもの)
・デジタルスケール(タニタでも可)

※出来上がりは200g前後です。
※コーヒー豆1gあたり15g~16gのお湯がおすすめです。

できれば豆で購入し、家で豆から粉にする

可能な限り、店頭やECサイトでは豆を購入して、家で都度挽くようにすることをおすすめします。冷凍すれば鮮度は3週間~1か月程保てるので、常に美味しいコーヒーが飲めるようになります。

また、挽くたびにコーヒーの香りが広がり癒される面もあります。

初心者におすすめの電動グラインダー

 

私も最初はこの電動グラインダーを使ってました。

ボダムのコーヒーグラインダーは買って損なし!機能と外観を徹底解剖

▼ 挽き目はこのくらいです。中挽き~中粗挽きに挽くのが私の好みです。

※スッキリしすぎているなと感じた方は、以下のどちらかをお試しください

①挽き目を細かくする
②お湯の温度を100℃にする

お湯と豆は16:1の割合で淹れるとバランスがいい

世界大会でもこの割合で淹れているバリスタは多く、15:1や16:1で淹れることでバランスの取れた美味しいコーヒーが出来上がります。

また、毎回この割合にすることで、お湯の温度や挽き目を変えて、自分好みの味わいに仕上げていくこともできるため、毎回何となくお湯の量を使うのではなく、決まった分量で淹れていくことを強くおすすめします。

私は井崎氏のドリップレシピと畠山氏のドリップレシピを融合したレシピで毎回同じように淹れています。

【バリスタ世界一】井崎英典氏のドリップテクニックでコーヒーを淹れるコツ

間違いなく美味しくドリップできるレシピを公開

実際に私が毎日淹れているレシピです。

レシピの前提条件
・お湯が80℃~85℃前後になっている
・豆が粉の状態になっている
・下からデジタルスケール・コップ・ドリッパーの順に置いてある

 

①50gのお湯を円を描きながら15秒ほどかけて注ぎます。
②注ぎ始めてから1分後に50gを①と同じように注ぎます。
③注ぎ始めから1分45秒後に残りの140gを30秒程で注ぎます。
④注ぎ始めから3分~3分半を目途にドリッパーを下ろします
⑤スプーンなどでかき混ぜて出来上がり

毎回このレシピを行うことによって豆が変わったときの味の違いが楽しめるようになります。

ペーパードリップで極上のコーヒーで淹れる!失敗しないレシピも紹介

カルディが推奨しているレシピ

カルディのハンドドリップのレシピは、私が使っている分量もお湯の温度もほぼ同じです。

https://www.kaldi.co.jp/news/coffee/how_to_make_coffee.html

ドリッパーが異なるので、参考にしてみてください。

いわゆる喫茶店の淹れ方で、淹れ方は自由度が高い分、毎回味がばらつくのが難点ではありますが、私もこの淹れ方で最初は行っていたので、カルディ方式で淹れてみるのもおすすめです。

 

カルディの「ブラジル好き」におすすめ。一緒に買ってほしいコーヒー豆4選

ブルーマウンテンブレンド

全てのコーヒーの良さを持ち合わせていることから「コーヒーの王様」と称されているコーヒーです。

スペシャルティコーヒーの単価とほぼ変わらないか少し高いかなという価格感ですが、味わいも深くておすすめです。

カルディのブルーマウンテンブレンドを評価・レビュー!スペシャルティコーヒーの味わいを比較

 

ツッカーノブルボン

ツッカーノブルボンのブルボンは、ブラジルと同じくブラジルの豆を100%使っていますが、精製工程がことなります。

ツッカーノブルボンは、日陰干しで時間をかけて発酵させているので、より甘さが強く出る豆です。

ブラジルよりもコクと苦味のあるコーヒーを楽しみたいなら、飲んでおくと価値観が変わるかもしれません。

→カルディのツッカーノブルボンを評価・正直レビュー!美味しく淹れる方法を解説

 

カフェオレブレンド

カフェオレ(カフェラテ)が好きならカフェオレブレンドがおすすめです。ミルクに合うように焙煎、ブレンドされているため、カフェオレがより美味しく飲めます。

 

キリマンジャロ

酸味が特長のキリマンジャロ。キレのあるスッキリしたコーヒーなので、ブラックでも苦味が少ないため、苦いのが苦手な方でも美味しく飲めると思います。

→カルディのキリマンジャロを評価・正直レビュー!スペシャルティコーヒーの味わいと比較

 

コーヒーを ”いつも” 美味しく淹れるための器具を紹介

プロからも愛されるコスパ最強ドリッパー

ハリオV60は世界大会でも使われるほど、信頼度が高く

ー初心者でも扱いやすいプラスチック製

プラスチック製のコーヒードリッパーは、温度変化が緩やかなため、コーヒー味わいを左右しにくい特長があり、管理のしやすさから初心者にはおすすめの素材です。

味の再現性を高めるコーヒースケール

コーヒースケールは、タイマーとスケール(計量)が一体化しているもので、毎回安定して同じ味を出すには、「時間を計ること」と「重さを計る」ことは必須項目です。 そこで活躍するのが、コーヒースケール。

感覚でドリップをすると味のズレがおきますので、時間軸と重さの軸をぶらさないことで、豆による味わいの違いが楽しめるようになります。   コーヒーの沼にいらっしゃる方に人気なタイムモアのコーヒースケール。デザイン性抜群で人気が高い。

 細口ケトル

細口ケトルは、計量カップとしても使える汎用性の高いこちらのケトルがおすすめです。

お湯を沸かして、そのままドリップができる電気ケトルもおすすめです。

また世界大会でも使われているおしゃれで機能性が高いBrewistaのケトルもおすすめです。

コーヒー豆はせっかく美味しく淹れられるので、美味しい豆を使うのがおすすめです。また味わいの変化も楽しめるように違う種類を3か月程入れてみてはいかがでしょうか。

 

自分好みの味がわかる
ポストコーヒーは、毎月3種類の特徴が異なるスペシャルティコーヒーの豆(粉)が届きます。届いた豆を評価していくことで、自分好みのコーヒーを教えてくれます。 コーヒー診断をして、好みの味を確かめてみてください。

カルディのブラジルは愛されやすいコーヒー

カルディのブラジルは、酸味、甘味、苦味のバランスが良く、非常にコストパフォーマンスが高いコーヒー豆です。

ブラックで飲むならブラジルはストックしておきたいですね。

もしまとめ買いをする際は、必ず豆のままで購入して、冷凍保存して都度挽いて楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました