カルディのノエルを評価・正直レビュー!美味しく淹れる方法を解説

コーヒー豆

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人

asano
asanoコーヒーブロガー
毎朝必ず1杯~2杯分をコーヒーをハンドドリップやマキネッタで淹れています。スペシャルティコーヒーをメインに、カルディ等の市販の豆も飲んでいます。

ドリッパーは、V60をメインに使用中。

      1. この記事を書いた人
        1. 最新の投稿
  1. カルディのノエルはミルクで割ると最高の味わいに
  2. ノエルはカフェラテで楽しむのに最適
  3. カルディのノエルの特徴
    1. ノエルは3つの産地が主体
    2. ノエルは口に含んだ瞬間にビッグインパクトがある
    3. ノエルの成分表記
  4. ノエルの販売価格
  5. ノエルのおすすめの飲み方/アイディア
    1. クリーミーシュガーで店頭の味を再現
    2. マキネッタやエスプレッソにして苦味を楽しむ
    3. 朝食にブラックでパンチ効かせてキリッとする
    4. チョコレートやスイーツと一緒にノエルの苦味を楽しむ
  6. カルディのノエルの口コミやみんなの評価・評判
    1. 良い口コミ(評価・評判)
    2. 悪い口コミ(評価・評判)
  7. ノエルも美味しく飲めるドリップレシピ
    1. 準備するもの
    2. できれば豆で購入し、家で豆から粉にする
    3. お湯と豆は16:1の割合で淹れるとバランスがいい
    4. 間違いなく美味しくドリップできるレシピを公開
    5. 苦味が強すぎる場合は4:6メソッドを試してみよう
    6. カルディが推奨しているハンドドリップでの抽出レシピ
  8. ノエルの評価・レビュー
    1. 酸味(フルーティさ)
    2. 苦味
    3. 口当たり
    4. 香り
    5. コク
    6. 後味/余韻
  9. 豆の挽き方は飲み方に応じて最適なものを選択
  10. ブルーマウンテンブレンドなどの高価格帯もおすすめ
    1. そもそもブルーマウンテンとは?
    2. マイルドカルディとの価格差は2倍以上
  11. コーヒーを ”いつも” 美味しく淹れるための器具を紹介
    1. プロからも愛されるコスパ最強ドリッパー
    2. 味の再現性を高めるコーヒースケール
    3.  細口ケトル
  12. カルディのノエルのまとめ・総評

カルディのノエルはミルクで割ると最高の味わいに

普段、スペシャルティコーヒー(コーヒー豆の上位5%)を好んで飲んでいますが、ミルクで割るノエルはすごくおいしく飲めました。 意図的に苦味が先行するように深煎りで作られていて、ミルクとの相性が抜群に良く、チョコレートやマシュマロなどと合せてもいい、可能性が広がる豆です。 カフェオレ(カフェラテ)どちらでもお楽しみいただけます。 →カルディ公式サイトで見る

ノエルはカフェラテで楽しむのに最適

引用:カルディ公式サイト
カルディのノエルは、クリスマス限定のブレンドで甘いスイーツに合うようにブレンドされています。ブラックならスイーツ必須、単体で味わうならミルクを合わせると美味しく飲めます。 特にマキネッタとの相性が良く、濃く抽出してミルクでまろやかにすると非常にバランスの取れたコーヒーが飲めます。 →【マキネッタ】ビアレッティ《 Brikka/ブリッカ 》の使い方!失敗しないコツと格安豆でも美味しくする方法   また、カルディで購入できる「おいしいカフェオレが作れる」シュガーパウダーもおすすめです。 ▼ 10回分のお試しパック
▼ 長く楽しみたい方向け
 

カルディのノエルの特徴

ノエルは3つの産地が主体

ブレンドコーヒーは、複数の豆をブレンドして、シングルオリジン(単一品種/産地)では出せない豊かな味わいが出るのが特徴です。 カルディのノエルは、ブラジルを主体に個性のあるルワンダとパンチのあるマンデリンがブレンドされていて重厚感の中にほんのり華やかさが感じられる豆です。 上記の豆を見ても、パッと見でも3種類以上の豆が混在しているのが見て取れます。

ノエルは口に含んだ瞬間にビッグインパクトがある

  カルディのカフェオレブレンドは、ブラックでも飲めるくらいスッキリしていますが、しっかりコクも苦味もあり、美味しく飲めるブレンドコーヒーです。 市販品を除くと100gあたり880円と低価格の部類に入りますが、正直なところ有名コーヒーチェーン店の豆より価格は高く、品質は落ちる豆が多数売られていることは間違いないです。 安く美味しくカフェオレを飲むならカルディのカフェオレブレンドを飲むことをおすすめします。
 

ノエルの成分表記

シールには、ブラジル、ルワンダと表記されていますが、ECサイトでは、マンデリンもブレンドされていることがかかれていますので、3種類以上の豆をブレンドしていることがわかっています。

ノエルの販売価格

価格は、880円(税抜)とマイルドカルディと200円の価格差がある豆です。 個人的には、、、
・ブラックでスッキリ飲みたいならマイルドカルディやキリマンジャロ ・苦味をしっかり味わいたい、カフェオレにすることが多いならノエルやカフェオレブレンド
という感じで、好みや気分によって豆を変えるのがおすすめです。 →マイルドカルディを評価・正直レビュー!スペシャルティコーヒーの味わいと比較 →カルディのキリマンジャロを評価・正直レビュー!スペシャルティコーヒーの味わいと比較 →カルディのカフェオレブレンドを評価・正直レビュー!スペシャルティコーヒーの味わいと比較  

ノエルのおすすめの飲み方/アイディア

クリーミーシュガーで店頭の味を再現

ノエルをハンドドリップ(orコーヒーメーカーで淹れた)後に入れてほしいのが、カルディのクリーミーシュガー! これはコロナ前に店頭で配っていたあのコーヒーの味が再現でき、子供にも喜ばれるコーヒーに欠かせないシュガーパウダーです。 厳密に言うとノエルではなく、マイルドカルディに入れると店頭の味を再現できます。
ミルクと砂糖をブレンドしたカルディオリジナルのクリーミーシュガーパウダーです。1カップ140mlに対しティースプーン山盛り2杯(約10g)のクリーミーシュガーパウダーが目安。ホットでもアイスでも溶けるタイプなのでとっても便利。 引用:カルディ公式サイト
100gで換算すると、100gあたり約7gのクリーミーシュガーを入れるといいとのことです。 ですが、店頭で配られていたあのカフェオレは、コーヒーの色で判断しているとの噂もありますので、あくまでも目安として捉えて、分量を調整していくのがいいかもしれませんね。 ▼ 10回分のお試しパック
▼ 長く楽しみたい方向け

マキネッタやエスプレッソにして苦味を楽しむ

マキネッタを使ってより深い味わいを出して、マキネッタ1杯分に対して、200gの牛乳を使うと絶妙なバランスでカフェラテが飲めます。 そんなときはマキネッタやエスプレッソマシンで、濃いコーヒーを抽出して、カフェモカやカフェラテにするとより楽しみが広がります。  

朝食にブラックでパンチ効かせてキリッとする

ノエルは粗く挽いて、湯温を80度で淹れても苦いです(笑)。 苦味を活かして、寝ぼけた朝にグッと飲むのもいいかもしれません。 スッキリした朝を迎えるにはちょうどいいかも!?

チョコレートやスイーツと一緒にノエルの苦味を楽しむ

ノエルは、意図的に苦くなるようにブレンドされているので、チョコやスイーツなどの甘いものとの相性が抜群です。 カフェラテ/オレに入れてもいいし、ブラックで淹れてチョコレートと楽しむのも最高です。  

カルディのノエルの口コミやみんなの評価・評判

 

良い口コミ(評価・評判)

甘いパンとの相性はすごくいいので、ブラックで飲んで楽しむのもいいですよね。
  ノエルで淹れるカフェオレは美味しいですよね。
  イカれてる程濃いとのことです…。 先述した通り、パンチのある苦味がガツンと来てくれるので、甘いものとの相性やミルクとの相性がものすごくいいです。
  苦いコーヒーが好きな方は、ノエルは非常に美味しく飲めるコーヒー。
 
ノエルロスが起こっている様子、、、(笑)
 

悪い口コミ(評価・評判)

シーズンものであるがために、情報のすれ違いはユーザーにとってはストレスになっちゃいますよね。店員さんもノエルファンも大変です。
 

ノエルも美味しく飲めるドリップレシピ

準備するもの

・コーヒー豆(粉):16g ・お湯:240g(酸味が好きな方は90℃前後 酸味苦手な方は100℃) ・ドリッパー「ハリオV60」(メリタやボンマックなどのお湯がある程度溜まるものがおすすめ) ・ペーパーフィルター(ドリッパーにあったもの) ・デジタルスケール(タニタでも可) ※出来上がりは200g前後です。 ※コーヒー豆1gあたり15g~16gのお湯がおすすめです。
 

できれば豆で購入し、家で豆から粉にする

可能な限り、店頭やECサイトでは豆を購入して、家で都度挽くようにすることをおすすめします。冷凍すれば鮮度は3週間~1か月程保てるので、常に美味しいコーヒーが飲めるようになります。 また、挽くたびにコーヒーの香りが広がり癒される面もあります。 初心者におすすめの電動グラインダー   私も最初はこの電動グラインダーを使ってました。 ▼ 挽き目はこのくらいです。中挽き~中粗挽きに挽くのが私の好みです。 ※スッキリしすぎているなと感じた方は、以下のどちらかをお試しください ①挽き目を細かくする ②お湯の温度を100℃にする

お湯と豆は16:1の割合で淹れるとバランスがいい

世界大会でもこの割合で淹れているバリスタは多く、15:1や16:1で淹れることでバランスの取れた美味しいコーヒーが出来上がります。 また、毎回この割合にすることで、お湯の温度や挽き目を変えて、自分好みの味わいに仕上げていくこともできるため、毎回何となくお湯の量を使うのではなく、決まった分量で淹れていくことを強くおすすめします。 私は井崎氏のドリップレシピと畠山氏のドリップレシピを融合したレシピで毎回同じように淹れています。 →【バリスタ世界一】井崎英典氏のドリップテクニックでコーヒーを淹れるコツ

間違いなく美味しくドリップできるレシピを公開

実際に私が毎日淹れているレシピです。
レシピの前提条件 ・お湯が90℃前後になっている ・豆が粉の状態になっている ・下からデジタルスケール・コップ・ドリッパーの順に置いてある(下図の状態)
①50gのお湯を円を描きながら15秒ほどかけて注ぎます。 ②注ぎ始めてから1分後に50gを①と同じように注ぎます。 ③注ぎ始めから1分45秒後に残りの140gを30秒程で注ぎます。 ④注ぎ始めから3分~3分半を目途にドリッパーを下ろします ⑤スプーンなどでかき混ぜて出来上がり 毎回このレシピを行うことによって豆が変わったときの味の違いが楽しめるようになります。 ペーパードリップで極上のコーヒーで淹れる!失敗しないレシピも紹介

苦味が強すぎる場合は4:6メソッドを試してみよう

世界一美味しいブラックコーヒーを淹れられる粕谷氏(WBrC 2016 champion)が提唱する4:6メソッドでは、深煎りの苦味を和らげられるレシピなので、是非こちらを参考に入れてみてください。
粕谷氏の46メソッドを大解剖!世界が認めたコーヒーの淹れ方!
4:6メソッドとは 4:6メソッドとは、WORLD BREWERS CUP 2016 で日本代表として参加し、チャンピオンに輝いた「粕谷 哲」氏(フォロコフィア代表)が考案したブラックコーヒーを美味しく淹れるための方法です。 い...

カルディが推奨しているハンドドリップでの抽出レシピ

カルディのハンドドリップのレシピは、私が使っている分量もお湯の温度もほぼ同じです。 https://www.kaldi.co.jp/news/coffee/how_to_make_coffee.html ドリッパーが異なるので、参考にしてみてください。 いわゆる喫茶店の淹れ方で、淹れ方は自由度が高い分、毎回味がばらつくのが難点ではありますが、私もこの淹れ方で最初は行っていたので、カルディ方式で淹れてみるのもおすすめです。

ノエルの評価・レビュー

実際にノエルをハンドドリップで何日か飲んでみた感想と率直なレビューをします。 ブラックだとパンチが強すぎるけど、ミルクを合わせるとコーヒーだけで楽しめる。 酸味(フルーティさ)はほぼ感じられず苦味先行なので、苦味が好きな人用もしくはスイーツ大好きな人用の豆と言えるでしょう。

酸味(フルーティさ)

ほぼないと言ってもいい。深煎りの豆が主体でブレンドされているので、酸味は感じにくい。 4:6メソッドで甘みが引き立つように淹れれば甘味が出て来ますが、それでもほんのり香る程度。 冷まして飲んでも酸味がほぼ感じられないので、苦味が主体です。

苦味

牛乳や豆乳を合わせることを前提に考えられた豆なので、苦味先行は当たり前。 個人的にはブラックはパンチがあり過ぎてきついけど、カフェオレやカフェラテは相性の良さを感じる。

口当たり

口当たりは重厚感があって、口に含んだ瞬間のインパクトが強い

香り

鼻を抜ける香りは、ルワンダが入っているおかげもあってか、ふんわり華やかな香りが感じられますが、ボディ感がすぐに上塗りしてきます。

コク

コクはミルクを合わせることが前提なので、深くなるようにブレンドされています。このコクは、ブレンドされているグアテマラが引き出しているんではないかと思います。 グアテマラのカフェラテもすごくおいしいです。

後味/余韻

苦味先行とはいえ、後味は口に含んだ瞬間からずっと苦味が口の中で遊んでいらっしゃるので、余韻は「ザ・苦味&ボディ感」です。

豆の挽き方は飲み方に応じて最適なものを選択

私はグラインダーを持っているので、どこでも豆のまま購入していますが、グラインダーをお持ちでない方はお店でどのように使うかを相談して適当な挽き目にしてもらいましょう。
豆のまま 中挽き(ペーパードリップやサイフォンなど) 粗挽き(フレンチプレス(ボナポット)やゴールドフィルターなど) 極細挽き(エスプレッソやマキネッタなど) 細挽き(ベトナム式ドリップや水出しポット) 引用:カルディ公式サイト
酸味が苦手な方はペーパーフィルター用より少しだけ細かくしてほしいと伝えてみてください。  

ブルーマウンテンブレンドなどの高価格帯もおすすめ

 

そもそもブルーマウンテンとは?

ブルーマウンテン(Blue Mountain)とは、ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800m~1,200mの限られた地域にある農園で栽培されているコーヒー豆の中でも厳格な審査に合格したものだけを「ブルーマウンテン」と呼びます。 全てのコーヒーの良さを持ち合わせていることから「コーヒーの王様」と称されている。 ブルーマウンテン中でもコーヒー豆が大きい順番に等級が振られています。 ・ブルーマウンテンNo. 1 ・ブルーマウンテンNo. 2 ・ブルーマウンテンNo. 3 ・ピィーベリー(丸豆) 上にいくほど等級が高くなり、流通量が少なく、高価になる。

マイルドカルディとの価格差は2倍以上

コスパ最強と言われるマイルドカルディとの価格差は3倍以上、キリマンジャロとは2倍の差がありますが、それなりの価値がある一杯を堪能させてくれます。 ・マイルドカルディ:640円/200g ・ブルーマウンテン:1,998円/200g スペシャルティコーヒーの単価とほぼ変わらないか少し高いかなという価格感ですね。
 

コーヒーを ”いつも” 美味しく淹れるための器具を紹介

プロからも愛されるコスパ最強ドリッパー

ハリオV60は世界大会でも使われるほど、信頼度が高く   ー初心者でも扱いやすいプラスチック製 プラスチック製のコーヒードリッパーは、温度変化が緩やかなため、コーヒー味わいを左右しにくい特長があり、管理のしやすさから初心者にはおすすめの素材です。

味の再現性を高めるコーヒースケール

コーヒースケールは、タイマーとスケール(計量)が一体化しているもので、毎回安定して同じ味を出すには、「時間を計ること」と「重さを計る」ことは必須項目です。 そこで活躍するのが、コーヒースケール。 感覚でドリップをすると味のズレがおきますので、時間軸と重さの軸をぶらさないことで、豆による味わいの違いが楽しめるようになります。   コーヒーの沼にいらっしゃる方に人気なタイムモアのコーヒースケール。デザイン性抜群で人気が高い。

 細口ケトル

細口ケトルは、計量カップとしても使える汎用性の高いこちらのケトルがおすすめです。
お湯を沸かして、そのままドリップができる電気ケトルもおすすめです。
また世界大会でも使われているおしゃれで機能性が高いBrewistaのケトルもおすすめです。     コーヒー豆はせっかく美味しく淹れられるので、美味しい豆を使うのがおすすめです。また味わいの変化も楽しめるように違う種類を3か月程入れてみてはいかがでしょうか。  
世界の美味しいコーヒーロースターの豆が 自宅で気軽に楽しめる ポストコーヒーは、毎月3種類の特徴が異なるスペシャルティコーヒーの豆(粉)が届きます。届いた豆を評価していくことで、自分好みのコーヒーを教えてくれます。 コーヒー診断をして、好みの味を確かめてみてください。
 

カルディのノエルのまとめ・総評

カルディのノエルは、苦味があまり好きではない人は4:6メソッドで、ブラックを飲むか、ミルクと合わせるか甘いものと飲むのをマストにしてください。 苦味が好きな人はブラックでパンチの強さを楽しむのがおすすめです。 牛乳などと合せて飲むことを前提に考えられているので、ミルクとの相性の良さを堪能するのがセオリーな気がします。 この200g/880円という価格ですが、クリスマスの期間限定商品なので、ただひたすら発売を待つのみ。
マイルドカルディ:1杯あたり約50円 ノエル:1杯あたり約70円
→カルディ公式サイトで見る  

コメント