PR

コーヒースケールはタイムモアで決まり!プロも使う理由とは?

コーヒーグッズ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

\この記事でわかること/

・タイムモアのコーヒースケールの特徴
・動画つきでわかりやすい機能紹介
・一緒に使いたいコーヒーグッズ

 

 

タイムモアのコーヒースケール商品詳細

商品概要

・名称:Timemore Black Mirror Basic+
・サイズ:152×130×26mm
・重量:380g
・色:ブラック、ホワイト(Basic+では未販売)
・素材:プラスチック(その他は不明)、艶消し
パッケージ内容:本体x1、シリコンシートx1、Type-C充電ケーブルx1、取扱説明書x1、保証書x1
・精度:0.1g
・耐熱温度:-10℃~60℃、シリコンパッド使用時:-20℃~100℃
・製造国:中国

計測可能範囲

0.5g~2,000gまでとなっているので、コーヒー以外でデジタルスケールとしても使えます。

 

電源/バッテリー容量

電源はワイヤレスで、本体はリチウムイオン電池で充電して動きます。

バッテリー容量は1,600mAhの大容量で、1回のフル充電10時間使用できるので、ほとんど充電しないです。

 

充電はType-C

付属のUSB Type-C(反対はType-A)充電ケーブルを使って充電が可能です(充電器は別売)。

スマホで使われている3A(アンペア)の急速充電は非推奨とのこと。

 

タイムモアのコーヒースケールの 特徴

スケールとタイマーが同時に動かせる

コーヒースケールとして作られているので、ドリップには欠かせないスケール機能とタイマー機能を同時に動かして使用します。

黒地に白のLEDライトなので、視認性もあります。

白のスケールの場合、汚れが目立たない分、数字が見えにくいデメリットがあります。

 

ボタンはタッチパネル

電源のスイッチ以外はタッチパネルで動かせるため、見た目はつるっとしていておしゃれ

 

計測&反応速度が速い

他のデジタルスケールより反応速度が速いのもタイムモアのデジタルスケールの特長です。

とはいえ、他のスケールがそんなに遅いかというとそうでもないのですが、ちょっとした差は体感でも速いと感じるほどなので、私は大きなメリットだと思う。

 

黒と白の2色展開

引用:Amazon

 

 

オートモードで押し忘れ防止

自動カウント機能がついているので、ドリップあるあるのスタートボタンの押し忘れ問題は解消できます。

 

タイムモアのコーヒースケールの口コミ

良い口コミ/評判

 

 

 

 

悪い口コミ/評判

 

 

 

コーヒー好きがコーヒースケールと一緒に使っている器具

プロからも愛されるコスパ最強ドリッパー

ハリオV60は世界大会でも使われるほど、信頼度が高いコーヒードリッパーです。

インテリアにもなる中級者以上におすすめなセラミック製

 

初心者でも扱いやすいプラスチック製

プラスチック製のコーヒードリッパーは、温度変化が緩やかなため、コーヒー味わいを左右しにくい特長があり、管理のしやすさから初心者にはおすすめの素材です。

 

味の再現性を高めるコーヒースケール

コーヒースケールは、タイマーとスケール(計量)が一体化しているもので、毎回安定して同じ味を出すには、「時間を計ること」と「重さを計る」ことは必須項目です。

プロも使用しているHARIOのドリップスケール

コーヒースケールの中では比較的安価な商品。

必要最低限の機能で無駄がなく使いやすいと評判。

 

おしゃれなタイムモアのコーヒースケール

デザイン性も良く、お手頃な価格帯で人気なタイムモアのコーヒースケール。

 

 

 細口ケトル

細口ケトルは、計量カップとしても使える汎用性の高いこちらのケトルがおすすめです。

 

アイリスオーヤマ

お湯を沸かして、そのままドリップができる電気ケトルもおすすめです。

 

ブリューイスタ

また世界大会でも使われているおしゃれで機能性が高いBrewistaのケトルもおすすめです。

コーヒー豆はせっかく美味しく淹れられるので、美味しい豆を使うのがおすすめです。また味わいの変化も楽しめるように違う種類を3か月程入れてみてはいかがでしょうか。

ポストコーヒーは世界20カ国150種類のコーヒーを取り揃えています。毎月あなたの好みに合ったコーヒーが届き、冒険度の調整で個性が違うコーヒーにも出会える。スポット購入も可 

Post Coffeeでコーヒー診断をしてみる

 

タイムモアのコーヒースケールで抽出を科学しよう

ハリオやタイムモアをはじめとするコーヒースケールは、ドリップを科学できるグッズで、世界大会でも必ず使われています。

美味しいコーヒー淹れるため、どうしたら美味しいコーヒーができるかを記録に必要な情報を与えてくれる大事なパートナーです。

是非、タイムモアのデジタルスケールでコーヒーライフをもっと楽しみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました